ファッション・ハート・ドット・コム ロゴ Fashion-heart.com Logo

イラストレーターのスウォッチの作り方(作り方編)

Illustratorの使い方>>|スウォッチブラシで糸ループを描くブラシで刺繍を描く Illustrator用語| aiを使って|

ストライプのスウォッチ(作り方編)|ストライプのスウォッチ(適応編)

1.ストライプのスウォッチを作る

スウォッチを適応したイラスト

 さて、さっそくスウォッチの作り方を説明します。基本は簡単ですが、例えば、葉っぱのプリント柄を作ろうと思うと、これが少し大変です。しかし、作るだけの価値は十分にあります。本当に良く出来たツールです。そして、楽しい。(笑)

 右のイラストは、アウトラインを抜き取った「女の子が麦藁帽子を被って振り返った」オブジェクトに、ストライプを適応させています。その方法を説明します。ストライプのスウォッチは1cm巾のロンドン・ストライプにします。1cm×1cmの当巾間隔の縞模様です。基本中の基本です。右のストライプは、そのスウォッチを50%縮小して適応してみました。実際に、服に適応させる場合は、身長や着丈を目安に縮小するのが、実際的でしょう。柄や、縞、ドットは、作りたい大きさ(実寸大)で作るのが、プリント屋さんや、生地屋さんに出す場合もそのまま使えるので、そうしましょう。

 環境設定、一般は、いつもと同じですが、リンク先を確認しておいて下さい。途中にも、特に注意する際の環境設定の項目はありますので、その時に見直してみて下さい。

イラストレーターで描いた長方形 イラストレーター 長方形ツール

2.長方形を作る。

 ストライプは長方形ツールで作ります。塗りを適応させるので、はじめからオブジェクトの方が便利だからです。ここでは、ボーダーとして作ってから、スウォッチを適応させたオブジェクトを回転させてストライプにしてみます。

 10mm巾のストライプですので、高さ10mm、幅100mmで作ってみます。幅は、適当でいいのですが、ここでは、便宜上100mmに設定します。それと、分かりにくくなるので、周囲の線には、塗りを適応させておきます。

3.色を適応させる。

ラストレーターのスウォッチの色を当てはめる イラストレーターのガーデンスウォッチ

 出来上がった長方形に色を塗ります。これは、既にあるスウォッチの中の色を使います。出来るだけお気に入りの色を使って、綺麗なストライプを作ります。最新の色スウォッチでは、テーマ毎の色が抽出されていて、便利です。ここでは、「ガーデン」の中の色を使います。

 ウィンドウ⇒スウォッチライブラリー⇒ガーデン

でスウォッチを表示して、長方形を「選択ツール」で選択してから、色をクリックします。

イラストレーターで長方形を合わせる

4.白の縞を作る

 次に、白無地のストライプです。長方形ツールで同じく作ります。そして、白を塗りで適応して、アンカーポイント同士を合わせて、正確な並べ方をします。

 

イラストレーターで長方形を3枚ちょうどでくっつけたところ

5.繰り返しの縞を作る

 そして、繰り返しの塗りを適応したストライプをコピーペーストで作って、同じくアンカーポイント同士を合わせて、正確さを保ちます。

 これで、ストライプの最小単位が出来ました。ここで、出来た最小単位をグループ化しておきます。

 

長方形ツールで下地の正方形を作る

6.スウォッチの下地を作る

 これは、スウォッチの下地になる正方形です。この正方形が、スウォッチの一単位になります。形は、特に正方形でなくてもいいのですが、分かりやすいので、正方形にします。10mm×10mmのロンドンストライプなので、高さ、幅共に、20mmにします。一単位は、20mmになります。ここでは、幅は20mmでなくてもスウォッチにはなります。

スウォッチの下地の正方形をストライプと重ねたところ

7.下地を配置する

 下地は、この場合塗りは適応しません。ストライプの最小単位はグルーピング化していますので、「配置ツール」で上下、左右の中央に配置します。

整列ツールで水平方向で中央に合わせる

8.水平方向を中央に合わせる

 配置では、水平方向で中央にする必要はないのですが、ここでは、中央に配置します。

 

整列ツールで垂直方向で中央に合わせる

9.垂直方向を中央に合わせる

 重要なのは、垂直方向に中央になる事です。この配置は必ず行って下さい。

 

スウォッチの下地を最背面に配置する

10.スウォッチの下地を最背面に

 配置の出来た、スウォッチの下地は、必ず最背面に設定します。

 最背面は、Ctrl+Shift+[で最背面になります。

スウォッチのボックスにドラッグ&ドロップする

11.グルーピング化して、ドラッグ&ドロップで放り込む

 まさに、放り込むという感じです。
 右側のツールのスウォッチのパターンスウォッチを開いた状態にしておき、ドラッグ&ドロップします。すると、下地の大きさの小さなアイコンが追加されます。

2007/09/10(追記初め、間を置き過ぎてしまいました。)

ストライプのスウォッチ(作り方編)|ストライプのスウォッチ(適応編)

Illustratorの使い方>>|スウォッチブラシで糸ループを描くブラシで刺繍を描く Illustrator用語| aiを使って|
NYA Logotype
  • このサイトは基本的にリンクフリーです。相互リンクはご連絡頂ければ対応致します。
  • 写真、イラストの無断転載はお断り致します。ご一報頂けますでしょうか。
Copy Ligth © NYA| Aim(主旨)Prof(プロフィール)Memo(サイトメモ)Mail(連絡を取る)Fashion-Heartサーバー更新ブログ(RSS)参考資料