ファッション・ハート・ドット・コム ロゴ Fashion-heart.com Logo

プラットフォーム・シューズ -Platform Shoes- アクセサリー用語

アクセサリ用語Top>>あ行か行さ行|た行|な行|は行ま行|や行|ら行|わ行|色分けについて標準化カテゴリー概要参考書籍

フラットフォーム・シューズ (ぷらっとふぉーむ・しゅーず)

Platform Shoes

Amazon ストライプ プラットフォームサンダル

 靴底が厚く、コルクで出来、多くは革で包まれるている靴の事。プラットフォームは汽車の乗り降りの為に一段高く作られている事からこの靴の名前の由来になったものと考えられる。
 プラット・シューズとも言われる。また、サンダルタイプの物は別に、プラットフォーム・サンダルと言う。

Platform
n
(教・演)壇
プラットホーム
〔米〕 (客車の)デッキ, 昇降段
〔英〕 (バスの)昇降段
(政党の)綱領
(the 〜) (壇上の)演説者
【コンピュータ】プラットフォーム ((システムを構築・展開してゆく基盤となる技術))
Platform Shoe
一種の高底靴

goo辞書

戦時下に誕生したアイテム

西洋服飾史 図説編から ヴィクトリア・アルバート博物館所蔵 チョピン(Chiopine)  1938年にサルヴァトーレ・フェラガモにより発表されているサンダルが初めとされている。恐らく、戦前から既に資材の不足の兆候があったのだろう。1939年から、1944年の米軍による開放までの5年間、パリはドイツ軍の占領下にあり、パリのモード界は大打撃を受けている。靴底の革の不足からコルクを使ったプラットフォーム・シューズが作られたと言われている。この頃は、ヴィオネ、シャネル、スキャバレリ等の戦前からの老舗のクチュールは細々とファッションショーを行っていた。大戦によりクチュリエ達の運命も大きく変った。そして、彼らが作る服やアクセサリー達も、苦境の時代に試行錯誤を繰り返しながら作られたであろう。それらの機能、用途、思想が、多く今に引き継がれている事を知る事の出来る重要なアイテムである。

 プラットフォーム・シューズは、16世紀、ルネサンスの頃のベネツィアのチョピン(Chopine)、又は、イタリアの楔形のコルクの靴底に似た形状であるが、必要性から生まれたという点においては時代的な背景も含め異種の発想のものである。しかし、背を高く見せたいという欲求を具現化するという点においては同質のデザインではある。1940年のこの画期的なシューズは、以来、1970年代のコンポラの流行にも必須アイテムとなり、1990年代にも流行の兆しがあった。その後は、多様化するスタイルの中で、コーディネイトの一部として部分的な流行を度々見せている。そして、今また、モードの中で多く顕れ始めている。プラットフォーム・シューズは、現在でも、主にプロポーションのバランスの補強の為にコーディネイトされることが多い。戦時中(40年代)、または、70年代、90年代の気分が反映しているという事は無いだろう。流行の全体が、70年代当時を模倣している中の一つのアイテムと言える。

参考写真 西洋服飾史 図説編 丹野 郁(著)  東京堂出版(発行)

戦時下のファッション

世界服飾史 Z-35 プラットフォーム・サンダル 革を巻いたコルクの厚底 サルヴァトーレ・フェラガモ 1938年

 1939年、ドイツのポーランド進撃を契機に、イギリス、フランスがドイツに宣戦布告して第二次世界大戦が勃発した。同年、日独伊三国同盟が締結され、1941年に太平洋戦争が勃発して、ほぼ世界中が戦時体制に陥った。
 1944年に米軍によって解放されるまでの5年間、パリはドイツに占領され、パリ・オートクチュールでは休業や海外移転するメゾンが続出した。パリに残留したメゾンは細々とコレクションの発表を続けたが、深刻化する材料不足は活発な創作活動を妨げ、戦前から続く角ばった肩、細身のラインが引き継がれた。 世界服飾史 Z-36 「新しい服を作りましょう」 マリ・クレール誌 1940年 街頭では、大きな帽子やターバンに膝丈のフレア・スカートと、靴材料の革不足から登場したコルク底のプラットフォーム・シューズが見られた。

 イギリスでは他国に比べて低い生産性を補うため、前例を見ない女性の雇用奨励を始めた。1944年までには公務員の48%を女性が占め、工場で働く女性は男性と同じようにデニムオーバーオールなどで働いた。衣料統制下、イギリスの商務省は1942年に「ロンドン・ファッション・デザイナー連盟」を設立し、ミリタリー色の強い、簡素で実用的な「ユーティリティー・ガーメント」が作られた。
 1941年に太平洋戦争に突入した日本でも奢侈(シャシ)品は厳しく禁じられた。1939年に軍服風の男子国民服が、1942年には着物の打ち合わせのワンピース、上下別仕立ての着物といった和洋折衷の女子標準服が制定された。同時に女子の活動着として北国の農村の日常着であったモンペが採用され、ズボン(パンツ)形式の機能性が認知された。

世界服飾史 深井晃子(著)  美術出版(発行)から引用書籍レビュー

 「服飾辞典 」の解説に少し過不足があるようなので、独自の解釈を用いた。参考までに「服飾辞典 」の解説をそのまま掲載する。

プラット・シューズ(plat shoes)

 爪先からかかとまでの底の部分が厚くできており、甲の部分と同じ革でくるんである靴のことで、正しくはプラットフォーム・シューズという。シンプルでスポーティな感覚が特徴となっている。

服飾辞典  文化出版局(編集) 文化出版局(発行)から引用書籍レビュー

2008/12/01記載
JIMU Vivienne Westwood 赤ロッキンホースゴルフ.キッドレザーUK5(Rocking Horse)ヴィヴィアンウエストウッド ビビアン
2008/12/01記載

日本語 (にほんご)

英語

本文、意味

備考
アクセサリ用語Top>>あ行か行さ行|た行|な行|は行ま行|や行|ら行|わ行|色分けについて標準化カテゴリー概要参考書籍
ベースは、インターネット上の、今は無い、あるサイトからの引用に、新たに追加した用語、問い合わせのあった用語等を日々追加しています。曖昧に使われる事の多い、アパレル業界の広範な専門用語を、認識を深める為に掲載しています。※注意事項♥誤解や不実の内容が含まれている事があるかも知れません。♥参考にさせて頂いた、書籍、資料、サイトはその都度明記させて頂きます。♥ご利用につては自己責任の範囲内でお願い致します。♥記載、リンクについては、悪意のある物ではありません。 ♥もとより、著作権侵害の意図はありません。ご迷惑をお掛けしている場合は、速やかに訂正させて頂きます。 メールでのご連絡はコチラまでお願い致します。
NYA Logotype
  • このサイトは基本的にリンクフリーです。相互リンクはご連絡頂ければ対応致します。
  • 写真、イラストの無断転載はお断り致します。ご一報頂けますでしょうか。
Copy Ligth © NYA| Aim(主旨)Prof(プロフィール)Memo(サイトメモ)Mail(連絡を取る)Fashion-Heartサーバー更新ブログ(RSS)参考資料