ファッション・ハート・ドット・コム ロゴ Fashion-heart.com Logo

ケンボロ -Gauntlet- ファッション・デザイン用語

ファッション・デザイン用語Top>>|あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行即答(未調査)用語色分けについて標準化カテゴリー概要参考書籍
手持ちのシャツの剣ボロの表 Polo by Ralph Lauren インド産 (株)インパクト21

ケンボロ (けんぼろ)

 又は、剣ボロ (けんぼろ)

Sleeve Vent Top Facing

 又は、Tab Opening / Pointed Tab End (ワーズ・ワードー絵でひく英和大図鑑による) / Gauntlet (男の服装学(Making the man)による)

 ドレスシャツ(ワイシャツ)や、主にメンズのシャツなどの袖口あきの重なり部分の小さな剣形の布の事。上(表)の剣ボロに対して、下は下ボロと言う。また、上ボロ、下ボロともいう言い方をする事もあり、その場合は、ケンボロは上下ケンボロの総称という扱いになる。

シャツの良し悪しの判断の材料としてのケンボロ

 非常に小さなパーツで、ディテールではあるが、この剣ボロにシャツの良し悪し、ひいてはブランドの良心を語ろうとする傾向が強い。多くのメーカーや評論家達の、あらゆる知恵と技術と哲学が集積する奇妙な現象が起きている。もちろん、シャツを語る上で重要な箇所は他にある。例えば、衿、ヨーク、袖、身頃、それらは非常に重要で、シャツの決定的な良し悪しを決める。当然、生地もそうである。ここで、語ろうとするのは、それらが、ある程度の基準を満たしているという前提での話である。

ガウントレット (Gauntlet)は英国の呼称

男の服装学(Making the man) アラン・フラッサー(著)からのイラスト ガウントレット(剣ボロ)

 ガウントレットは、袖の脇あきを示すイギリスの言葉で、カフスの少し手前に当たる箇所である。よく仕立てられたシャツには、カフスの開いているところを留める、脇あきボタンがついている。洗顔するときや、カフスを留める時に折り返せるようにするために、このガウントレット・ボタンは、工夫されたものだった。その意味で、このボタンは生活上の必要から生じてきた物といえる。しかし、場合によっては、この部分から手首がむき出しになることは、靴下とズボンの折り返しの間に足が見えるのと同じように、趣味のよい物ではないといわれるから注意したい。一方、ガウントレット・ボタンをかけることによって、前腕のあたりがきれいにフィットするから、これがあるということは、メーカーの仕立てに関する良心を示す物として考えることも出来る。

男の服装学(Making the man)から 書籍レビュー

    Gauntlet
    n. (中世騎士の)こて(籠手)
    長手袋
    (長手袋の)手首
    1. fling [throw] down the gauntlet 挑戦する.
    2. take [pick] up the gauntlet 挑戦に応じる; (人・意見などを)擁護する.

goo辞書から

シャツの良し悪しを考えてみる

手持ちのシャツの剣ボロの裏側 Polo by Ralph Lauren インド産 (株)インパクト21

 アラン・フラッサーの「男の服装学(Making the man)」は80年代の紳士服業界に大きなインパクトを与えた影響力のあった本だった。当時は、アルマーニ等のイタリアン・モードが、1960年代のピーコック革命以来、紳士服を大きく変えようとしていた時期で、「男の服装学(Making the man)」はそれを見直そうとする動きにもなったが、流行の大きな流れは替える事が出来なかった。その矛盾の影響を最も大きく受けたのは消費者だったのではないだろうか。

 アラン・フラッサーは、紳士服の着装の基本的と、トラディショナルな着こなし、そして、それを購入できる世界中の有名店を紹介し、賢い紳士服の選び方、購入の仕方を丁寧に解説した。確かに、ウィンザー公以来、ダンディズムのあり方は英国調の着こなしであり、生き方でもあったのは間違いのないことで、紳士服の着こなしの素地になる物ではあった。しかし、このガウントレット・ボタンを例にとってみても、紳士服全体を観てみると、「そうでありたい」とするブランドと、「そうではありたくない」と考えるブランドがある。いや、あってもいい。選択肢はブランド(作り手側)にも存在する。「トラディショナルでありたい」と考えるか、「コンテンポラリーでありたい」と考えるのは自由である。袖口のケンボロ(ガウントレット)については、「ボタンを付けて重くなる」よりも、「すっきりとスマートに見せたい」と考えるのもデザイナー(作り手)や消費者の自由であると私は考える。

 では、シャツの良し悪しをどのように見分ければいいのだろうかという問題にたどり着く。ガウントレット・ボタンの有無が「メーカーの仕立てに関する良心を示す物として考えることも出来る。」とするのは、早計である。しかし、ガウントレット(剣ボロ)の作りで見分けることも出来る。なぜこんな小さな箇所に拘らなければならないのかとも思うが、車や家電を購入する際も同じようなことに注意する。メーカーの物づくりに対する姿勢を、細部(メインではないところ)で見極めようとするのは同様の事である。

剣ボロ

手持ちのシャツの剣ボロの裏側の解説 Polo by Ralph Lauren インド産 (株)インパクト21

 なぜ剣ボロが必要なのかは、「男の服装学(Making the man)」を読んで貰きたいが、少し考えてみれば分かる。カフスで手首にフィットさせるようようにした以上、カフスを開けなけらばならない。そのために、袖に切り込みを入れ手が抜けやすいようにする必要がある。当然、その切り込みを入れた箇所は切りっぱなしには出来ないので何らかの策を講じて処理する必要がある。そのために考え出されたのが、先人の知恵である剣ボロ(いや、剣ボロでなくてもいい、他の処理方法でもよかった)である。では、剣ボロの長さ(開きの長さ)はどの程度がいいか。それは、カフスの長さの半分程度が目安である。メンテナンス(アイロンを掛ける)の際、カフスを開き切る必要があるので剣ボロの長さはそれを基準とする。さて、では、メーカーの姿勢を判断するにはどこを見ればいいのか。剣ボロも細かな箇所ではあるが、さらにその裏を見ることにする。

 切りっ放しを処理するためのパーツだから、当然、その袖の切り口の部分は剣ボロで包(くる)まれている。しかし、その剣ボロの開きどまりが問題だ。多くのシャツは、剣ボロ、下ボロの止りの部分は切りっぱなしになっている。それは、ステッチで2重に留めるため、解(ほつ)れる事が無いからだ。ほとんどそのままで問題ない。しかし、やはり気になるので、裁ち目を折り込んでいる物もある。しかし、その止りの箇所を丁寧に処理する姿勢のあるメーカーには、それほどの拘りがあると考える事が出来る。つまり、メーカーの良心がここに顕れるということである。30年程前までは、その部分はほとんど問題にされなかった。最大大手のシャツがそれだった。しかし、時代が下り、日本人の衣服に対する関心の高さと、文化度の向上からその部分もなおざりにされなくなっている。「剣ボロの裏処理」といわれ、いくつの方法が採用されている。

 (1)最も丁寧で手間の掛かる方法として、「玉縁処理」がある。玉縁ポケットと同様の方法を用い、剣ボロの裏の留り部分をポケット口の表と同じ方法を執るやりかたである。つまり、裏なのに表と同じ縫製方法を執ると言うことで、それだけ気配りのされたシャツということになる。若干縫い代が多く重なるので重くはなるが、製品としては全く問題ない。

 (2)しかし、イタリアのモデリスト達はそこにも軽さと、工程の簡素化を図りながら新しい方法を考え出した。丈夫か丈夫じゃないかでいうと、丈夫ではないが、ほとんど問題にはならない。非常にスマートな処理法である。三巻処理」と言ってもいいだろう。今は、イタリア製のシャツのほとんどがその方法で作られている。

 (3)ラルフ・ローレンはもう一つ違う方法を考え出した。「地縫い返し処理」とでも呼べばいいのか、スマートでありながら丈夫でもある。しかも、工程的にも簡素化されている。参考に手持ちの写真を載せてみる。今後も新たな才能の持ち主が現れて、新しい画期的な処理方法を考案するかも知れない。それらは概ね名もないモデリストによるものだろう。

 このように剣ボロの処理には、確かにメーカーのシャツに対する考え方、良心が顕れる。今では、その拘りも頂点に達していると言ってもいいかも知れない。ルイジ・ボレリは、手でグリカンを入れ、ガウントレット・ボタンのボタン・ホールまで手穴だ。当然、ボタンにも、ボタン付けにも拘っている。普通あり得ないが、シャツのボタンに足(根巻き)がついている。ここまでくると、もう他にやりようは無いように思える。「たかがシャツ、されどシャツ」である。

2008/09/10記載

Internet Window Shopping 【インターネットで市場調査(市価調)】

市場調査、情報収集、製品仕様、消費動向をインターネットでもチェック
2007/01/20追記

日本語 (にほんご)

英語

本文、意味

備考
ファッション・デザイン用語Top>>|あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行即答(未調査)用語色分けについて標準化カテゴリー概要参考書籍
ベースは、インターネット上の、今は無い、あるサイトからの引用に、新たに追加した用語、問い合わせのあった用語等を日々追加しています。曖昧に使われる事の多い、アパレル業界の広範な専門用語を、認識を深める為に掲載しています。※注意事項♥誤解や不実の内容が含まれている事があるかも知れません。♥参考にさせて頂いた、書籍、資料、サイトはその都度明記させて頂きます。♥ご利用につては自己責任の範囲内でお願い致します。♥記載、リンクについては、悪意のある物ではありません。 ♥もとより、著作権侵害の意図はありません。ご迷惑をお掛けしている場合は、速やかに訂正させて頂きます。 メールでのご連絡はコチラまでお願い致します。
NYA Logotype
  • このサイトは基本的にリンクフリーです。相互リンクはご連絡頂ければ対応致します。
  • 写真、イラストの無断転載はお断り致します。ご一報頂けますでしょうか。
Copy Ligth © NYA| Aim(主旨)Prof(プロフィール)Memo(サイトメモ)Mail(連絡を取る)Fashion-Heartサーバー更新ブログ(RSS)参考資料