ファッション・ハート・ドット・コム ロゴ Fashion-heart.com Logo

タータン・チェック - Tartan Check - 生地(織物)用語

生地(織物)用語Top>>|あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行即答(未調査)用語色分けについて標準化カテゴリー概要参考書籍
イタリー ポリエステルウール ヘリンボーン織り 先染めチェック (ベージュ、ピンク) 140cm

タータン・チェック (たーたんちぇっく)

Tartan Check

Authentic Tartan Check
Tartan Plaid

チェック柄2段フリルウッドビーズ付キャミワンピース

 特殊な格子縞(こうしじま)を現した服地

JISハンドブック 繊維 書籍レビュー

イタリー TORRENTE ウールナイロン 綾織り 先染めタータンチェック(ブルー×レッド、レッド...

 タータン・プレイドとも呼ばれ、スコットランドの高地(ハイランド)で織られ始めた生地で、元々はウールを使った無地の綾織物だった。厳しい寒さから身を守る為の、草木染の肩掛けとして作られた。しかし、多色の先染め糸染め)を用いた格子柄を指すようになり、氏族(クラウン)の象徴としての柄を著す様になった。一つ一つに名前と由来があり、公式に認定されたチェックのみがタータン・チェックと呼ばれる。幾多の混乱を乗り超え、現在ではイギリスの紋章院管理局が管理するようになったが、現在も尚、混乱は続き調整は続けられている。

日本製 ウール 薄手フラノ タータンチェック ラズベリー×ブラック 110cm

タータン・プレイド(チェック)を少し掘り下げる

タータン・プレイド wool-100% タータン・プレイド wool-90% nailon-10%

 正式名称はタータン・プレイドになるらしい。生地には希に複数の呼称が存在することがある。この場合もそれに中る。タータン・チェックはスコットランドの伝統的な織物の縞模様です。何冊も本の出るような歴史ある、物で、今もその歴史と伝統を守るために、登録制を取っています。その歴史と、それらの背景を調べてみたいと考えています。「タータンチェックの文化史 書籍レビュー」を参考にしながら、手始めに歴史を調べてみたいと考えています。

(2008/08/01記載)

スコットランドの氏族分布地図 Wikipediaから

スコットランド氏族(Scottish clans)とは

 スコットランドの氏族(Scottish clans)は、中世〜近世スコットランドにおける社会制度であり、現在も続く社会的・文化的伝統である。ゲール人・ノース人など多様な民族的混淆のなかからつくられ、アルバ王国など代々のスコットランド王朝の宗主権のもと高度な自治を維持していた。氏族制度は18世紀に解体するが、ロマン主義を契機に19世紀、それまでとは異なるかたちで再生した。各氏族の紐帯は現在まで受け継がれ、キルトやタータンなどはスコットランド文化の象徴となっている。

(中略)

 ハイランドとローランドで大きく分かれる地理的条件から、西からゲール人、南からケルト人・ブリトン人・アングル人、北からノース人といった多種にわたる民族が流れ込んできた。混じりあった諸民族は各々の文化を融合させ、独自の自治制度すなわち氏族制度をつくりあげた。各氏族は10世紀から12世紀ごろにかけて成立したが、特に氏族制度がいきわたったのは隔絶した地理条件をもつハイランド地方であった。

WikiPediaから

2009/01/20追記
  • 特徴と規則性113 (マドラス・チェックとタータン・チェックの比較 参照)
    • (スコティッシュ・タータンズ世界登録簿(ワールド・レジスター)
    • 格子の規則
      1. 先染め糸染め)のウール綾織
      2. 経糸(Warp、ウォープ)と緯糸(Weft、ウェフト)の色と配列が同じである
      3. 色や線の並びに規則があり、その単位を「セット」と呼ぶ
      4. 「セット」が繰り返されることで、生地幅にあったタータンを構成する
      5. アンダー・チェックの上にオーバー・チェックが乗り、オーバー・チェックがアンダーチェックを装飾する構成になっている
        1. アンダー・チェックは太い縞
        2. オーバー・チェックは細い縞
    • 色の規則と意味125
      1. モダン色(modern)
      2. 古代色(Oncient)、古い色(Old)
        • 柔らかな色合いで、1950〜60年代に流行した色。(赤はオレンジ)

          アイビー・ルックの流行

           この流行は、アイビー・ルックの流行の事で、世界的なトラディショナルへの懐古的な流行の一つとなっり、英国的なトラッド・ブームも同時に起こり、ブルックス・ブラザースやVAN JACKETもタータン・チェックを多く採用した。

          (2008/08/10記載)
        タータンチェック柄ハイウエスト切り替えドルマンス
      3. ぼかし(Muted)、さらし(Weathered)
      4. 複製色(Reproduction)
        • 長い年月風雨にさらされたタータンを模した色。(青、緑はグレー、茶)
    • 名前の規則126
  • 原産地
    • スコットランドの高地(ハイランド地方)
  • 種類と区分け119
    1. クラン・タータン(Clan Tartan)
    2. ディストリクト・タータン(District Tartan)
    3. ユニバーサル・タータン(Universal Tartan)
    4. ロイヤル・タータン(Royal Tartan)
    5. ハンティング・タータン(Hunting Tartan)
    6. ドレス・タータン(Dress Tartan)
    7. タータンチェック柄ハイウエスト切り替えドルマンス
    8. モーニング・タータン(Mourning Tartan)
    9. アーム・タータン(Arm Tartan)
    10. コーポレート・タータン(Corporate Tartan)
    11. お祝いタータン、追悼タータン(Commemorative Tartan,Memorial Tartan)
  • 国別の推奨タータン129
  • 一般の人(日本人)が着れるタータン128
  • スコットランドとタータン・チェックの歴史
    • BC8500年頃
      1. 狩猟採集生活を送っていた。多数の遺跡・遺構が見つかっており、高い造船技術を持っていたことが判明している。
    • BC3500年頃
      1. 定住と農耕が始まる。 オークニー諸島の遺跡
    • BC3100年頃
      1. スカラ・ブラエ遺跡群では石造りの家が発見されている
      2. メイズ・ホウの石室を持つ墳墓
    • BC3000年頃
      1. 巨石文化 : クロムレック(ストーン・サークル)、ドルメン、ストーンヘンジなど巨石建造物をつくった
    • BC1000年頃
      1. 青銅器時代 : 環濠集落の遺跡も見つかるようになる(メルローズ近郊のアイルドン・ヒル遺跡)
    • BC8世紀頃
      1. ケルト人とその文化がスコットランドに流入した。これによってスコットランドに原始的な王国が形成された。
    • BC700年頃から
      1. ブロッホ(Broch)とよばれるスコットランド特有の円塔の建設が始まった。王国どうしの争いが頻繁だった
    • 43年
      1. ローマ帝国の侵攻が始まる。ローマ軍はイングランドにあたる地域を征服
    • 79年
      1. 将軍グノイウス・ユリウス・アグリコラが、スコットランドに攻め入った
    • 84年
      1. モンス・グラウピウスの戦い
        • アグリコラ率いるローマ軍はカレドニア人を破り、ブリテン島全土の平定を宣言:(タキトゥスの書『アグリコラ』による)
    • 3世紀頃の物 
      1. 現存する最古のタータン
        • フォルカークで出土した布端切れ。1900枚の古代ローマの銀貨と共に壷に入っていた。
      GLENCHECK LONDONトラディション社ハリントンジャケット【0804お得10】
    • 1018年 
      1. スコットランド王国 建国
        • ケルト系民族 ゲール語
    • 1066年 
      1. ウィリアム1世 (イングランド王)〜1087年(参照 既製服
        1. ノルマン朝建国
        2. ジェントリ(領主)階級が生まれる。後に毛織物産業や産業革命の担い手になる。
    • 1641年
      1. 清教徒革命(ピューリタン革命)
    • 1688年
      1. 名誉革命
    • 1701年
      1. グレートブリテン王国の成立
    • 1746年
      1. カロデンの戦い
    • 1826年
      1. 「柄のない緑色のタータン」
        • 織物業者の注文記録の掲載で、その頃にはタータンが現在の格子柄のあるなしに関係なく布地の種類を示したものだった。
    • 1856年 
      1. トーマス・バーバリー(当時21歳) (参照 ギャバジンバーバリー
        • イギリスのハンプシャー州ベイジングストークにバーバリー社創立
      2. ウィリアム・バーキン(当時18歳)により、アニリン染料が発明された。
        • この発明は、非常に大きな発明で、その後の織物、染色産業に大きな影響を与えた。タータン・チェックも同様で、それまでの草木染の染色による発色よりも、はっきりとした色調に変わっていった。
    • 1867年
      • 大政奉還
    • 1869年
      • 日本に初めてタータンが輸入されたと推測される

         横浜で輸入品の見本市が開催された。当時、横浜ではイギリスの商会数が多く、在日イギリス婦人たちによってドレスが作られたり、洋服の着方を教えたりしていた。おそらく、このときにタータン・チェックが紹介されていただろう。

        タータンチェックの文化史 奥田 実紀(著) 書籍レビューから

    • 1883年
      • 鹿鳴館 落成
      バーバリー・チェック・パターン ウィッキーペディアから
    • 1886年 
      1. さらわれたデービッド ) (Kidnapped)」 ローバート・ルイス・スティーブンソン(著)
    • 1915年 
      1. バーバリー (参照 ギャバジン
    • 1924年 
      1. バーバリー社 (参照 ギャバジン
      伊勢丹 「アンシェント・マクミラン」
    • 1956年
      • 伊勢丹が「アンシェント・マクミラン」をショッピング・バッグに採用
    • 1967年
      • バーバリーがパリ・コレクションでバーバリー・チェックの傘を発表
    • 1976年
      • ベイシティー・ローラーズ来日
    • 1983年
      • チェッカーズ デビュー
    • 1986年
      • 映画 ハイランダー 悪魔の戦士 公開
    • 1995年
    • 三越センティニアル・タータン
      1. 映画 ブレイブ・ハート 公開
      2. 映画 ロブ・ロイ 公開
    • 2004年
      • 三越センティニアル・タータンを採用

         ベースになったのは「エジンバラ・タータン」。2年越しで、スコティッシュ・タータンズ協会に正式登録。

        タータンチェックの文化史 奥田 実紀(著) 書籍レビューから

マドラス・チェックとタータン・チェックの比較
  マドラス・チェック タータン・チェック
原産地 インドのマドラス(チェンナイ)地方 スコットランドのハイランド(高地)地方
素材 綿
(原則として綿素材であるが、限定する物ではない。)
ウール
(原則としてウール素材であるが、限定する物ではない)
織組織
  • 平織
    • 原則として平織であるが、限定する物ではない
  • 手織り感覚の荒い織目を特徴として織表す事が多い
  • 綾織
    • 原則として綾織であるが、限定する物ではない
  • 元々は手織りであったのは当然だが、毛織物産業が発展した頃に定義された事が認識として綺麗な表面の密な梳毛織物とされる
先染め(糸染め) 先染め(糸染め)
  • 色の規則は特に無い
  • 草木染であり、堅牢度が低かった事から、くすんで、滲み感のある色合いとの認識が高い
  • モダン色
    • 1855年以降の新しい染料によって、鮮やかな濃い色が可能になった
  • 古代色
    • 柔らかな色合いで、古いタータン・チェックの色合いに近づけた色
  • ぼかし、さらし
  • 複製色
    • 長い年月、風雨にさらされたタータン・チェックを模倣した色
配列 経は経の規則性があり、緯は緯の規則性があるが、経と緯が同じである必要は特に無い 経糸と緯糸の配列が同じ
規則性 色、線の並びには特に重要な規則性は無い 色、線の並びに規則があり、最小単位を「セット」と呼ぶ
格子 特に規則性が無いため、中にはタータンチェックと呼べるような格子も存在する
  • アンダー・チェック
    • 太い縞
  • オーバー・チェック
    • 細い縞
  • アンダー・チェックの上に、オーバー・チェックが乗り、アンダー・チェックを装飾する
管理 特に管理を行う機関は無い イギリス紋章院管理局が管理する
スコティッシュ・タータンズ世界登録簿がある
総評    
印刷物 印刷物として用いられる事は少ない 印刷部として用いられる場合、綾目を表現すると尚リアルな印象を与える事が出来る
2007/11/01追記

タータン・プレイド (たーたん・ぷれいど)

Tartan Plaid

タータン・プレイド Wool-100% タータン・プレイド wool-100% タータン・プレイド wool-90% nailon-10%

 タータン・チェックの本来の呼称。

 プレイドは、スコットランドのハイランド地方の肩掛けが由来である為、本来は、「タータン・プレイド」と呼称するべき物だが、業界でも、一般的にも「タータン・チェック」として通っているためどちらも同じ物を指す。プレイドについては、「プレイド」を参照

2006/03/31記載

日本語 (にほんご)

英語

本文、意味

備考
生地(織物)用語Top>>|あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行即答(未調査)用語色分けについて標準化カテゴリー概要参考書籍
ベースは、インターネット上の、今は無い、あるサイトからの引用に、新たに追加した用語、問い合わせのあった用語等を日々追加しています。曖昧に使われる事の多い、アパレル業界の広範な専門用語を、認識を深める為に掲載しています。※注意事項♥誤解や不実の内容が含まれている事があるかも知れません。♥参考にさせて頂いた、書籍、資料、サイトはその都度明記させて頂きます。♥ご利用につては自己責任の範囲内でお願い致します。♥記載、リンクについては、悪意のある物ではありません。 ♥もとより、著作権侵害の意図はありません。ご迷惑をお掛けしている場合は、速やかに訂正させて頂きます。 メールでのご連絡はコチラまでお願い致します。
NYA Logotype
  • このサイトは基本的にリンクフリーです。相互リンクはご連絡頂ければ対応致します。
  • 写真、イラストの無断転載はお断り致します。ご一報頂けますでしょうか。
Copy Ligth © NYA| Aim(主旨)Prof(プロフィール)Memo(サイトメモ)Mail(連絡を取る)Fashion-Heartサーバー更新ブログ(RSS)参考資料